小雨とにわか雨の違いって?雨の違いについて徹底解説

スポンサーリンク

天気予報を見ていると小雨やにわか雨になるなど雨の種類がいくつかあって、違いがよくわからないこと、ないですか?

にわか雨と小雨って、どんな違いがあるのかが気になるところです。

雨の降り具合が分かれば出かけるときにする準備も分かりやすくなります。

この記事では小雨とにわか雨の違いや小雨はどのくらいの量なのかなどについて紹介していきます。

外でのイベントが多くなる時期に、雨の違いが気になる方は必見です。

スポンサーリンク

小雨とにわか雨の違いは?雨の降り具合が知りたい!

小雨はどのくらい 小雨 弱雨 違い 降水雨量

まず小雨ですが、小雨とは数時間降り続けていても雨量が1ミリにならないくらいの雨と気象庁では説明しています。

つまり小雨は少ない雨量の雨ということですよね。

またにわか雨というのはにわかという言葉に意味があります。

「にわか」とは「にわかに」や「にわかな」など言葉の前につき「突然」や「一時的な」などという意味があります。

そのためにわか雨というと「突然に降り出す雨」などという意味になり、雨量はあまり関係ありません。

そのため天気予報などで「にわか雨になるでしょう」という説明があれば、それは少ない量の雨という意味ではなく、「突然雨が降るかも知れないから気をつけてください」といった意味合いになります。

にわか雨=突然に振り出す雨

「小雨が降るでしょう」という予報があれば「少ない量の雨が降るかもしれないので気をつけて」ということで、どんなふうに降るかは分からないといった意味合いになるのです。

そのため、にわか雨と小雨ではまったく雨の振り方が違うため、予報などで解説された場合は気をつけましょう。

スポンサーリンク

 小雨と雨にはどんな違いがある?気になる天気予報は?

小雨はどのくらい 小雨と弱雨の違い

小雨とは前述の通り少量の雨量の雨のことを指します。

また雨というと、ザアザアと降り続ける雨になりますが、雨も様々な種類があります。

豪雨・大雨・弱雨などです。

豪雨といえば激しく降り続ける雨で、ゲリラ豪雨などと呼ばれるものもあります。

豪雨と言った予報が出た場合は、外出を控えたり、川や水はけの悪い場所には近づかないように気をつけましょう。

また大雨は豪雨よりも少ないですがそれでもザアザアと大量に降る雨のことになります。

そのため大雨の場合はしっかりと雨具を用意して雨対策をしてから外出することをおすすめします。

また弱雨といえば1時間で3ミリ以下の雨のことを指し、あまり降らないサラサラとした雨のことをいいます。

雨とひとことで言ってもたくさんの種類があるため、どの程度の雨量の雨かは、天気予報の降水量をしっかりと聞いて判断しましょう。

スポンサーリンク

小雨はどのくらい?降水量について解説

小雨とは0~1ミリの雨で、1時間の雨量があまりありません。

そのため小雨と予報されているようであればあまり雨も強くなく、ちょっとした外出や近距離の移動であれば、傘など差さなくても、小走りであまり濡れずに済むでしょう。

雨具を用意すれば確実に濡れずに済みますが、小雨といった予報であればがっちりと雨具を用意しなくても雨を避けられる可能性があります。

また1ミリ以上の雨になってくると、強い雨ではありませんがしとしとと降るため傘や雨具が必要になります。

そのため天気予報で2ミリ以上の降水量と知らせている場合は、しっかりと雨具を用意した方が濡れずに済みます。

まとめ

雨が降るとなると、運動会や体育祭など、外でやるイベントに影響が出るので憂鬱ですよね。

しかし雨の種類を把握しておけば、どんな雨具を用意しておけば良いのかが分かり、あらかじめ準備をしておくことができます。

また降水量などが雨の予報を判断するためには重要になるので、天気のマークだけでなく降水量もしっかりとチェックしておきましょう。

午後になると雨の度合いも変化する場合もあるので小雨などの予報でも強くなる可能性を考えておくのもおすすめです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

雨の種類がたくさんあることが分かったけれど、小雨って、なんて読む?こさめ、が正解!

じゃあ、弱雨は、なんてよむ?気になる方は↓こちらをどうぞ

弱雨の読み方がしりたい!「よわあめ」「じゃくう?」小雨との違いはなに?

スポンサーリンク

関連コンテンツ 本文下



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする