【プリントアウトして即使える!】保育園での職員の七夕劇の台本に使える3パターン!

スポンサーリンク

いそがしい保育園や幼稚園の先生向け!

↓こちらの参考動画をそのまま書き出しました!

七夕劇の台本で保育園の職員向けのものが知りたい!参考動画まとめ

こちらのページをプリントアウトして、職員の皆さんで読み合わせして時間に合わせて、セリフや歌を追加すれば、より楽しい七夕劇になることうけあいです!!

スポンサーリンク

職員三人で出来る!保育園七夕劇の台本!

↑こちらの動画のセリフです

たなばた物語はじまりはじまり~!

神様:ここは雲の上。私は神様。あれは機織り上手なおひりめじゃ。

織姫:きんこんぱたりとんぱたり ほらキレイな布ができました。

神様:そしてあれは、牛を飼うのが上手な牛飼いの彦星じゃ

彦星:さあ、草をたくさん食べて大きくなるんだよ~!

神様:よしよしよし!二人ともしっかり働いておるぞ!よし!

織姫:私たちって仲良しだもんね!

彦星:一緒に歌うと楽しいんだもんね!

織姫&彦星:一緒に踊ると楽しいんだもんね!ね~~~!!

★歌★お星さまおんど

おおりひめピッカリ ひこぼしピカリ

仲良く歌ってうれしいね

ぴっかりぴっかぴかぴっかりぴっかぴか

お星さまおんど~!

★歌・おわり★

織姫&彦星:たのしいね~~~!!

神様:やや!なんということだ!二人は遊んでばかりでちっとも仕事をしていないぞ!そうだ!二人が会えないようにここに川を作ってしまおう!あいや~~~!!とう!やあ!あちょ~!!!

織姫:あれ~~~!ひこぼし様~

彦星:織姫様~~~~

織姫&彦星:会えなくなってしまった~~~(泣く)

神様:さあ、ふたりともしっかり働くんじゃぞ!

(ひこぼし、牛を連れて退場)

織姫:きんこんぱたりとんぱたり×2…一生懸命働いたら、こんなにこんなに立派な布ができました。神様お願いです!ひこぼし様に合わせてください!!

彦星:はあ~~、一生懸命働いたら、牛がこんなに大きく育ったよ!神様、おねがいです!織姫様に合わせてください!!

織姫&彦星:ひこぼし様~!!おりひめさま~~~!!

(織姫、ひこ星、袖にはける)

神様:2人ともよく働いた!ここに橋をかけて二人が会えるようにしてあげよう!ただし、一年に一回!7月7日だけじゃぞ!カササギの橋よ!いでよ~~~!!あちょ~~!!

(神様がカササギの橋を架ける)

織姫&彦星:願いがかなったぞ!神様ありがとう!

彦星:おりひめさま~~~~!!

織姫:ひこぼしさま~~~~!!

あいたかったよ!!×4(だきあう)

(神様登場)

神様:と、いうわけで、7月7日の夜は、星に願いをかける七夕の夜になったのじゃみんなも神様に願い事を書いてごらん!

三人:きっと願いが叶うよ!

★歌★お星さまお願いの歌

お星さまお願い 小さな夢を きっときっときっとかなえてください

七夕祭り 星まつり~

★歌・おわり★

おしまい♬

スポンサーリンク

職員4人!ナレーションベースでセリフ覚えが楽そうな七夕劇

ナレーション:七夕のお話し。

昔々のお話です。天の神様には、織姫という娘がおりました。

神様:織姫や、今日も布はおれたのか?

織姫:はい、とってもきれいな布が織れました

ナレーション:織姫は布を織るのがとても上手です。毎日布を織っていました。また、あるところに、ひこ星というたいそう働き者の牛飼いがいました。彦星は毎日機織りの音を聞いていました。

彦星:なんて澄んだ音だろう!この機を織るのはどんな娘さんなんだろう!

ナレーション:そんなあるひ、天の神様がおっしゃいました。

神様:織姫と彦星を夫婦にしよう!二人で力を合わせて、一生懸命働きなさい!

ナレーション:織姫と彦星はすぐに仲良しになりました。

織姫:彦星様、今日は何して遊びましょうか?

彦星:今日は散歩にまいりましょう!

ナレーション:織姫と彦星は毎日毎日、一緒に遊びました。織姫は、布を織ることを忘れ、牛飼いは、牛を追うことを忘れました。

神様:織姫は全く布を織らない、牛飼いは牛の世話をしない、これでは困る。遊んでばかりいるなら、2人はもう会ってはいけない!

ナレーション:天の神様は怒って、二人の間に天の川を流し、二人を会えなくしてしまいました。

織姫:ひこぼしさま~!

彦星:おりひめさま~!

ナレーション:天の川は、大きくてどんなに読んでも聞こえず、姿も見えません。

彦星:織姫様にあいたい!

織姫:彦星様に逢いたい!

ナレーション:引き離されたオヒリメと彦星は毎日泣いて過ごしていました。そんな二人を見て、

神様:オヒリメや、また一生懸命ハタをおるというのなら、また彦星に逢えるようにしてやろう。できるか?

織姫:はい。

神様:ひこぼしや、また一生懸命牛の世話をするのなら、また織姫に逢えるようにしてやろう。できるか?

彦星:はい。

神様:それでは、この天の川の上で7月7日の夜、あうがよい。

ナレーション:こうして二人は年に一度7/7の夜、天の川を渡って合うことができるようになりました。おしまい。

スポンサーリンク

七夕劇の台本をナレーションですすめる!保育園の先生4人が出演劇!

ナレーション:むかしむかし、天の神様にはとっても可愛い娘がいました。織姫は、毎日毎日一生懸命ハタを織っていました。

織姫:キレイな布ができますように!

神様:織姫は本当にやさしい子だな。ありがとう。

織姫:どういたしまして。

神様:そういえば、織姫もも結婚する年じゃのう。そうだ。わしがステキな結婚相手を見つけてやろう。

ナレーション:そういって、神様は結婚相手を探しに行きました。そこで働き者の牛飼いの彦星を見つけました。

神様:彦星、織姫と結婚してくれないか?

彦星:はい、よろこんで!

ナレーション:こうして、織姫と彦星は結婚することになりました。しかし、ふたりは。。。

おりひめ:もう機織りなんて、いいや、彦星様、遊びましょう!

彦星:うん、あそぼう!

ナレーション:織姫はハタをおらなくなり、彦星は牛の世話をしなくなりました。牛は病気になってしまいました。怒った神様は、二人を引き離すため、大きな川を作りました。そして二人は川の橋とはしにはなればなれになってしまいました。二人は悲しみました。

彦星:おりひめさま~

織姫:彦星さま~~

ナレーション:これを見た神様は、かわいそうに思って一年に一度だけふたりをあわせることにしました。

神様:織姫、彦星、おまえたちを一年に一度だけ7月7日にあわせてやろう。そのかわり、しっかり働くのだぞ。

織姫&彦星:はい!わかりました!

ナレーション:こうして一年に一度会うのを楽しみに、二人は働くようになりました。こうしてとうとう7/7がやってきました!

織姫:今日はやっと彦星様に逢えるわ~!

彦星:やっと織姫に逢えるぞ!

彦星様~!織姫~!

織姫:これからも7月7日を楽しみに、牛の世話を頑張ってね!

彦星:うん!がんばるよ!

ナレーション:こうして、7月7日の七夕は、二人にとって楽しみな日になりました。めでたしめでたし。

まとめ

↓こちらの参考動画をそのまま書き出しましたが、ナレーションが多いほうが、話がしっかり子供たちに伝わる感じがしました!

七夕劇の台本で保育園の職員向けのものが知りたい!参考動画まとめ

こちらのページを参考に、幼稚園、保育園でオリジナルの劇を作っていただけたらもっと楽しくなりますね♪

神様をノリのいい先生が担当すると盛り上がりそうです!

個人的には、最後の劇で神様のむすめである織姫を、牛飼いが呼び捨てにするあたりがちょっときになりました(笑)

スポンサーリンク

関連コンテンツ 本文下



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする