サントリーニ島での過ごし方!インスタ映え撮影スポットはどこ?

スポンサーリンク

サントリーニ島って白い建物に青い屋根のきれいな街なのはわかるけど、実際どんなところ?

食事は口に合うかな?と思っていませんか?

イアやフィラなどの撮影スポットに行かなくても、そこいらじゅうきれいな景色だらけです!

実際に、サントリーニ島にあこがれが強く、新婚旅行で行ってきた筆者が具体的な楽しみ方をレポートします。

美術館に行くより、街中散歩して、ゆっくりしたときを過ごすのにぴったりな場所です!

もし、あなたが「サントリーニ島行ってみたいな~」とちょっとでも思っているならぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

サントリーニ 島での過ごし方

サントリーニ島過ごし方 インスタ映え

「なにもしない」をぜひ楽しんでもらいたいサントリーニ島。

のんびりするのが一番のオススメです。

①まずは風景を楽しむ

②お気に入りのカフェを探す

③猫を探して細い路地に入ってみる

サントリーニ島の風景を楽しみましょう!

あらゆるところがポストカードになってしまいそうなインスタ映えスポットばかりです!

サントリーニ島 過ごし方

素人の安いデジカメでもきれいに撮れます。道端で思い付きで撮った写真です。

サントリーニ島 撮影スポット

どこもかしこもきれいすぎて、たくさん写真を撮りたくなってしまいます。

サントリーニ島のレストラン、カフェを探す

せっかくの絶景なので、景色の良いレストランを探しましょう。

私が数か所のレストラン、カフェで食事をした印象は、味はどこでも同じでした。

(高級レストランには行ってなくて、街中にあるレストランでの食事の感想です)

とにかく、オリーブオイルがおいしい。

サラダに大量のフェタチーズと、オリーブとオリーブオイル!

サントリーニ島 フェタチーズ

フェタチーズとオリーブの実、スライストマトにオリーブオイルたっぷり!

サントリーニ島 フェタチーズ サラダ オリーブオイル

なんていうか、野菜の切り方が大胆で大雑把。この噛み応えがまた癖になります

ムサカ(ひき肉を炒めたうえに、ゆでてつぶしたジャガイモとトマト、あとは、たぶんナスなどを重ねてチーズをのせてオーブンで焼いたもの)も美味しい!

サントリーニ島 過ごし方 カフェ 食事

ひき肉料理が多かった印象です。日本人の口に合います。

サントリーニ島 過ごし方 ムサカ

ムサカにもいろいろな盛り方があります。こちらはアテネの空港で食べたムサカです。

上の写真の左側がムサカです。

なんせ、サントリーニ島に行くのに1人38万円くらいかかっているので、あまりお金のない私たちは、贅沢できなかったのですが、それでも十分美味しかったし、楽しかったです^^

サントリーニ島には猫がいっぱい!細い路地に入ってみましょう!

猫好きな人にはたまらない!

毛並みのいい猫ちゃんたちが、いい景色の中でのんびりとお昼寝しています。

とても人懐っこいこもいて、なでさせてくれることもあります。

サントリーニ島 撮影スポット

細い通路にはいっていく猫さん。後姿も写真映えします。

サントリーニ島 撮影スポット 犬

犬も自由に寝ています。湿気がなくカラッとしている気候のせいか、猫や犬がたくさんいても、獣臭がなかったです。

スポンサーリンク

サントリーニ島のインスタ映え写真スポットはどこ?

ほぼどこを切り取っても、キレイな景色が広がっていますが、有名観光地な分、人もとても多いので、私は次のことに気を付けて行動していました。

なるべく朝早く街に出る!

やっぱりみなさんのんびり過ごしていることもあって、人がたくさん歩いているのは11:00~だった印象。

お土産屋さんなどのお店があくのも、10:30~11:00くらいでした。

9:00に街に出れば、ゆっくり街を散策できるし、人が映らない写真も撮れます。

メインストリートから外れて細い道にちょっと入ってみること!

メインストリートに人があふれていても、細い路地には人がいないし、山の斜面なので海が見えてステキな写真が撮れますよ^^

サントリーニ島の治安は悪くないので、夜も出歩けます。

観光客がたくさんいるところ、のみですよ!

夜は細い路地に入るのはどの国だって危険です。

安全に見えるからと言って、深夜にうろつくのは外国人には特に危ないので、夜は早く寝て早朝から朝日を見るのがオススメです!

スポンサーリンク

まとめ

イオやフィラ(日の出、日の入りが美しいといわれる有名スポット)にいって朝焼けや、日没の瞬間、夕日を見る、など、いろいろしてはみました。

が、結局のところ、どこの景色も美しく、お散歩しているだけでとっても楽しかったです。

とくに印象に残っているのは、ちょっと路地に入って人が少なかった場所で、夫と二人きりになれた瞬間でした。

サントリーニ島自体が、人気スポットだけに、人も多いので、早朝や路地をうまく利用してロマンティックな旅行にしてくださいね♪

スポンサーリンク

関連コンテンツ 本文下



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする