冷凍保存がおススメ!!天ぷらをサクサク美味に食べる方法とは!?

天ぷらってお手軽なお料理で大人も子どもも大好きなおいしいお料理ですよね。

しかもいろんな種類の天ぷらを作ることもできるし、たくさん作って今日はごちそう!

でも、揚げ物って面倒くさいから素材を色々揃えたら、一気に揚げてしまいたい気持ちもあります。

なんでも揚げたてがおいしいのは重々承知です。

けれど、切った野菜や仕込んだ素材も揚げちゃった方が保存も楽です。

そうするとせっかくの天ぷらも余って美味しくなくなってしまう…

おいしく食べるにはどうしたらいいのか、そんなお悩みありますよね!

そこでおススメなのが天ぷらの冷凍保存です!

今回は天ぷらを冷凍保存する方法とさらにサクサク美味に食べられるコツをご紹介します!

スポンサーリンク

おいしさそのまま! 天ぷらの上手な冷凍保存の方法は???

冷凍 天ぷら サクサク

油が酸化する、って聞いたことないでしょうか。

常温で保存していて揚げ物がおいしくなくなるのは、揚げ物についた油が空気に触れることによって酸化するからです。

そうすると油っぽさが際立って味が落ちてきます。油が回る、ともいいます。

天ぷらを揚げてからおよそ3時間~4時間くらいで、おいしくなくなってきてしまいます。

それだけでなく油の酸化は健康にもあまりよくありません。

冷蔵庫に入れて保存、でも酸化を遅らせることはできるのですが、冷凍することでさらに酸化を遅らせ、おいしさそのままで保存することができます。

そして、冷凍保存のポイントは3つ

  • なるべく早く冷凍する!
  • 余分な油はふき取る!
  • 空気に触れさせないようにする!

とはいえ、粗熱を取ってからでないと冷凍しても衣がべたっとしてしまいます。

なので、まずしっかりと粗熱をとり、冷めたらクッキングペーパーでひとつひとつ挟みましょう。

キッチンペーパーもいいのですが、外す時に衣が取れてしまう恐れがあるのであまりおススメしません。

くるんだら、ジップロックに入れ空気をなるべく抜きます。

そうすることで空気に触れることを減らし、おいしさを保ったまま冷凍保存することができます。

また、金属製トレイ(アルミなど)がもしおうちにあれば、その上に乗せて凍らせると早く凍ります。

そうすると、天ぷらの水分が抜けず味を保てるのでおススメです。

スポンサーリンク

 解凍するのに大事なポイントは?!サクサクにするコツ

冷凍 天ぷら サクサク

せっかく凍らせて保存したので、次は解凍しておいしく食べるコツをご紹介します。

一番いいのは自然解凍で、夜食べるなら朝冷凍庫から出すなどして自然に解凍する方がおススメです。

できるだけゆっくり解凍する方がよいでしょう。

時間がないときや、すぐに調理に使いたい時などは電子レンジでもOKです。

注意点は、卵の天ぷらやイカの天ぷらは爆発する場合があるので気を付けてください。

解凍したら揚げなおすのですが、この時に水にさっとくぐらせてから揚げるとよりサクサクになります。

このとき、水につけすぎないよう気を付けてください。

水を張ったボールにちょっと入れるくらいで大丈夫です。

そして、水にくぐらせたあとは1分ほどおいて水分を抜くようにしましょう。

このように前処理をしておくと、さらにぐっとおいしくなります。

揚げるのが億劫な場合はくしゃくしゃにしたアルミホイルに並べて、トースターで温めるとサクサクおいしい天ぷらになります。

スポンサーリンク

 なるべく長くおいしい天ぷらを食べ続けたい!気になる保存期間は??

しっかり保存したらなるべく長く食べ続けたいですよね!

保存期間はこのようになっています。

常温保存→3時間~4時間

冷蔵保存→約半日

冷凍保存→約2週間

天ぷらはそれだけでもおいしいですが、リメイクして食べてももちろんおいしいです。

たとえば天丼、天ぷらうどんや天ぷらそばもそうですし、卵とじにしてもおかずの1品になります。

その場合の冷凍保存の期間は1か月ほど見ても大丈夫です。

冷凍とはいえ、あまり長期に保存すると霜がついたり味が落ちてしまうので、なるべく早めに食べていきましょう。

まとめ

揚げ物ってなんだか億劫でやろうとすると時間のある時のがいいな、と思うのですが、その分揚げたてはすごくおいしくてやみつきになりますよね。

子どもも、冷凍 天ぷら サクサクあげ物は大好き!

時間のある日に大量に天ぷらを作って、その日は揚げたてを堪能し、冷凍したのを1週間食べられればラクちんで時短にもなります。

ぜひ冷凍保存試してみてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする