子育てはキラキラなんてしてないしキレイごとじゃない|気楽が一番♪

スポンサーリンク

赤ちゃんが生まれてよく言われたこと

今が一番かわいい時よね

かわいい時期は一瞬で過ぎちゃうからねぇ

大体それを言うみなさんは子育て卒業世代

懐かしさからついつい出る言葉だったのでしょうがその頃の私にとってはその言葉のどれもが重荷でした

スポンサーリンク

結論から言いましょう。

子育ては大変です。気が抜ける時なんてありません。

でも、大変以上の喜びと楽しみがあるから、がんばれる!!

子育て 大変 いつまで

スポンサーリンク

子育てがこんなに大変なんて、聞いてないよそんなこと!

赤ちゃんが生まれて最初の難関は授乳ではないでしょうか

母乳が出ないとか赤ちゃんが飲んでくれないとか…。

我が子は予定日より3週間も早く生まれたせいか小さめでおっぱいを吸う力も弱くすぐ寝てしまう子でした

育児書には生まれて数か月は2~3時間おきに授乳しますなどよく書いてありますが出産前の私は2~3時間おきでしょ?!十分余裕あるじゃん!!」思っていました

赤ちゃんと一緒に寝ればいい!

しかし現実は

初めての育児で手際が悪い上に赤ちゃんの哺乳力がないためとにかく授乳に時間がかかること

産院では片側10分もう片方も10分くらい吸わせてあげてくださいね習っていましたがそれでも20分

それ以上に時間のかかる我が

産むまで知らなかった聞いてないよ授乳にそんなに時間がかかるなんて!

赤ちゃんと一緒に休みたくても途中で寝てしまう我が子をつついたりくすぐったりして起こしてなんとか飲ませてそうするとだいたいオムツも濡れてるのでオムツも替えてしていたら1時間弱かかってしまうことも

産院では母子別室だったこともありきっちり3時間おきの授乳でよかったところが自宅では2時間くらいでまた泣き出したりと回授乳=母休めない

すぐ寝付ける体質ならよかったのですが元々眠りにつくのに時間がかかるタイプの私はどんどん寝不足に

まだ目もよく見えていないただ泣くだけの我が子にイライラすることも1度や2度ではありませんでした

スポンサーリンク

子育てってもっとキラキラしてるんじゃないの?

子育て 大変 時期

子供も首が座りあやすと笑うようになるとかわいいもので毎日毎日写真を撮っていました

自分の中でもう産後3か月も経つんだから日常生活戻らないと=出産前の生活に戻らないと思っていました。

ごはんを作って子供と一緒にパパを見送り家事をこなし夕飯を作って

でも新米母の私は分かっていなかったのです

子供が生まれた以上すべては子供次第だということを

ちょっと買い物に行こうと思っても自分の身支度+子供の身支度

出かける前から疲れてしまうことも

ひとつ自分のペースで進められず

仕事から帰ってくるパパにもキチンと夕飯を用意してあげたいのに、たそがれ泣きなんかされたらこっちも泣きたいよ!

幸い主人は家事ができてなくてもご飯が手抜きでも文句を言うような人ではなくそれよりも機嫌よくいてほしいという人でした

それでもわたしはこうしたいのに!

という理想がすぎて毎日イライラしていました

主人と険悪な空気になることもしばしば

多分子育てってキラキラしてるいという幻想があったのかもしれません

きれいに片付いた部屋でにこやかに子供に本を読んであげるとか

子供を寝かしつけた後は夫婦2人でゆっくり過ごしたいとか

他の人はできているのに自分だけができていない気がして

でも今なら思えます

みんなそんなもんだよ

言わないだけだよ()

そんな我が子も2歳を過ぎ私のお腹にはまた一人赤ちゃんが2人目を迎えるにあたり部屋のものを整理したりしばらくぶりに育児書を眺めたりしているうちにあのころ思い出しました

我が家は家事にも育児にもとても協力的な主人がいて実家も近いという大変恵まれた環境にいるにも関わらず1人で頑張らないといけない気がしていた新米母の

どこかで子育ては母親の仕事自身が思っていたのかもしれません

子供の虐待なんてごく一部の特別な人がするものだと思っていたけど自分が子供を育ててみて虐待は日常と背中合わせだと強く感じました

だからこそ母親はストレスを溜めてはいけないんだと実感しました

あの頃の私と同じように過ごしているママに言ってあげたい

いいよ!日常生活に戻るのなんて3か月後でも半年後でもゆっくり慣らしていけばいいんだよ

みんな全然キラキラてないよ!都合の悪いことは言わないだけだよ()あなたも言わなきゃ分からないよ!」

え?あのインスタの芸能人や、有名ブロガーはキラキラしてるって?

表面上はね!!!!(笑)

仕事だからね!!

今でも子供にイライラすることもあるし自分の機嫌で八つ当たりしてしまうこともあるけどイライラしてごめん謝って許してもらう

これから2人目が産まれると複雑な思いを抱くかも知れない

そうならないようにできるかぎり娘の気持ちに寄り添ってあげたい常々思っているがそんな余裕があるだろうか

子育ては2回目でも2人育児は初めなもので

でも今は思えます

せっかく恵まれた環境にいるのだから娘の為にも人の手を借り楽をしてその分娘と過ごす時間を大切にしたいとストレスを溜めないことを頑張らないこと努めたいと思います

ママたちよ、気楽に行こうよ!!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする