最悪!子育てで疲れてるのに!ストレスの最大原因が旦那だなんて!

スポンサーリンク

幸せなはずの子どもとの生活

しかし実際は髪を振り乱しながら必死に子育てをすることになります

そんなときに頼りにしたいのはやっぱりパートナーである旦那!

でもむしろ旦那がストレス!」という声も実は少なくありません

子育て中に旦那にストレスを感じないようにする工夫はないのでしょうか

スポンサーリンク

旦那に親になる自覚が芽生えない

私は早い時期の妊娠4ヶ月の終わりに胎動を感じましたお腹もまだ全く出ておらず胎動も小魚がお腹の中でぴょんと跳ねる程度当然旦那は気がつきませんまずここで大きな差が生まれますよね

胎動も感じてますます母親になる覚悟をする変わらない旦那

初めて旦那が胎動を感じることができたのはお腹も出てきた妊娠6ヶ月の終わりでした

スポンサーリンク

子育てより先に旦那を育てなおし

出産は何が起こるかわかりません急に入院になったり出産が早まったりと予期できないことがたくさん

しかし男性は特に切迫流産切迫早産で安静にしなければいけなかったり入院したりしなければいけない、ということはわからないのですね

せっかくの休み家でゆっくりしたい旦那出産準備の買い物に行きたい

子宮口が開き始め早めの出産になると検診で告げられたことを伝えてもゆっくりでいいじゃんここでイライラしてはこの先が大変です

そこで私は育児書を見せ

子宮口っていう赤ちゃんの出口が開いてきたら赤ちゃんが出てきます私はすでに2.3センチ開いていますここには4センチ開けばだいたいお産の半分は終わりと書いているね

えっ!ことは嫁ちゃんはもう3分の1くらいお産終わっているようなもんじゃないの?もう産まれるじゃん!」

そう予定日より早く出てきそうだから旦那くんと一緒に出産準備の買い物に行きたいの

そうすると私よりも旦那が慌てて準備こんな感じに数字を出して説明するとわかりやすかったようです

ここまで1から10まで説明しないとわからんのかい??こどもか!

しかし内心は察してくれよイライラですよ

スポンサーリンク

旦那は赤ちゃんの世話を完璧にやる気がない

特に母子同室の病院なら24時間ずっと赤ちゃんと一緒にいます

そのため入院中から頻繁に抱っこやオムツ替えをする機会があります

しかし旦那ができるのは面会のときだけしかも抱っこはともかくオムツ替えは進んでしようとは思いませんよね

退院後にふたりで練習しました特にウンチ出たときのオムツ替えは旦那は今でもずっとひとりではできません

子どもが手足をバタバタさせたり寝返りをしてしまうので私がこどもを押さえて旦那がおしりを拭きます自分でやった方が早いなぁと感じつつもぐっと我慢

きれいに拭けたね!ありがとういうと旦那もうれしそう

そう褒めて育てる

旦那への態度も子育ての予行練習と思うことにしたのです

旦那を動かすには細かい指示が必要

お互い睡眠不足が続き疲労困憊だと思いやることができません

大げんかも何度もしました

子供がまだ一歳になったばかりのころ、私が友人の結婚式に1人で参加

はじめての子どもとの二人のお留守番に旦那は少しワクワクしていました

しかし帰ってみるとなんと7時間もミルクもなにも与えていないのです

旦那曰く、寝ていたから食べないし飲まないから

案の定夜中にお腹が空いて起きた子ども

ミルクを作っているとえっ?ミルク飲む?」この言葉に日頃のストレスがぶっちん

お腹空いているに決まっているのに!

「アナタ父親でしょ!」ここでお互い親としての自覚の差を認識したのです

スポンサーリンク

わが子よ旦那をしつけて!

人見知り期に入りなんと旦那にまで泣くようになってしまった我が

それがショックだったのでしょう積極的にだっこや寝かしつけをしてくれるようになりました

まとめ

残念ながらママ思っているようにパパ察することはできません

そのため具体的にしてほしいことは言うようにしました

するとわかったしてくれる旦那

自分がするべきことがわかればすっとしてくれるのです

一から十まで説明することはちょっと面倒

でもきちんと説明するだけで旦那は動きストレスは少なくなりました

今では寝かしつけは私よりも上手にしてくれる旦那

その間に私は自分の時間を取れるので助かっています

四六時中子どもと一緒の私と仕事で少ない時間しか子どもと過ごすことができない旦那

旦那の方が私よりもできないことが多くて当然です

一人暮らしもしたことがない旦那人生で初めて焦げ焦げの目玉焼きも作れるようになりました

それでもやろうする気持ちが大事それを行動に移せるのなら花丸です!

そう感じると旦那もかわいく思えてくるのです

これから子育てはずっと続いていきますせっかくならふたりで楽しく子育てをして人生のステキな思い出にしたいものです

たまには子どもが寝てからふたりでのんびりテレビでも見ながら子育てについていろいろ話してみることもいいですね

疲れているのはお互い様できないことをお互い補いたいですね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする