子育て中の共働きVS専業主婦。やってみたから言える!どっちがお得⁈

妊娠、出産した女性は働くのか専業主婦になるのか選択に迫られます。

私も出産を機に仕事を辞めていたため、働くのか専業主婦になるのか悩みました。

私の実体験をもとに共働きと専業主婦のメリット・デメリットをまとめました。

共働きのメリット

  • スポンサーリンク

    世帯収入が増える

単純に働く人数が増えるため収入は増えます。

子育てはお金がかかりますから

お金があるに越したことはありません。

  • スポンサーリンク

    リスク分散できる

夫婦で仕事と家事育児を完全に分業している場合

働いている側が病気や事故にあったとき収入はゼロになります。

反対に専業主婦(主夫)が倒れてしまっても

家事や育児をやったことがない人がやることは大変厳しいです。

そのため仕事も家事育児も分担していることは

お互いに何かあった時のための保険になります。

  • スポンサーリンク

    お互いの大変さを理解できる

仕事の大変さ、仕事前もしくは仕事の後に家事育児をする大変さを

お互いが担うことで理解し協力しあえます。

仕事しかしていないで、ゴミを、ごみ収集所に運んでいるだけの夫に、

ごみをまとめることをやらせるだけで一苦労!ですよね。

  • 家事・育児と離れる時間ができる

家事も育児も24時間つきっきりになると疲れてしまいます。

もちろんそれが好きな方は専業主婦に向いていると言えます。

しかし、人によっては、24時間子供の相手をするよりは、

仕事に出ることは、家計の為でもあり

ママである自分の為にもなりますね。仕事に行って子供と離れるのもいいことです。

共働きのデメリット

  • スポンサーリンク

    家事育児の分担で揉めると大変

家事育児の分担は仕事を始める前に話し合うことが重要です。

働きながら家事や育児は予想以上に大変です。

子供の成長とともにやることも変わってきますし

どちらか片方の負担が大きいと最悪共倒れになりかねません。

メリットの方でも書いた通り、リスク分散の為にも

働き方がパートであっても時短であっても分担は考えないといけません。

  • 支出が多くなる

働いて帰って食事の準備となると気が重いですよね。

そのため外食やスーパーのお惣菜を買って帰ることもあると思います。

手作りで用意すれば安いものを、お惣菜を買う回数が多くなると、

食費がずいぶんかさんでしまいます。

また、保育料も認可保育園の場合、収入に比例して高くなるので

毎月の支払いが増えることになります。

子供が学童に入れない年齢になると、預け先がないため、

平日は塾や習い事に行かせることも増え、

教育費が家計を圧迫することも考えられます。

  • 子供と触れ合う時間が短くなる

保育園などに預けることになるので

専業主婦の時よりも子供と触れ合う時間は短くなります。

仕事のある日は、朝と寝る前の数時間が、

大事なコミュニケーションの時間となります。

とはいえ、朝は出かける準備で忙しいし、帰ってきたら怒涛のように

夕飯の準備、夕食、お風呂、宿題チェック、明日の用意・・・

本当に毎日が戦いのようです。

しかし、子供を保育園に迎えに行って子供が「ママ~」と

駆け寄ってきたときのかわいさはたまりません!

いくらかわいいわが子でも、ず~~~~~っと一緒にいてはストレスがたまりますね。

仕事に行って、離れている時間があるからこそ、

より一緒にいられる時間を大切にできることもありますよね^^

それに子供にとっても保育園で学べることはたくさんあるので決して、

悪いことばかりではないです。

  • 家事が完璧にできない

専業の時にはできていたことが時間や体力的にできないときがあります。

完璧にこなしたい方にとってはかなりストレスになります。

洗濯乾燥機や食器洗い乾燥機を活用したり、時には家事代行を頼んだり

お金はかかりますがうまくこなしていかないと本末転倒になってしまいます。

専業のメリット

  • 家事育児を自分のペースで進められる

家事育児を専業でやることになるので自分のやりたいように進めていけます。

分担も考えなくていいので相手にイライラすることもありません。

とはいえ、何もしてくれない夫には、イライラすることもしばしば・・・

これは、仕事していても専業主婦でも、結局は同じですね(笑)

夫 休日 寝てるだけ って、検索しちゃったりして^^

  • 子供の行事や体調不良に対応できる

子供が熱を出したり、検診に連れて行ったり

仕事をしているとその度にどちらかが休みをとらなくてはなりません。

寛容な会社でもやはり気は使います。

しかも、子供って仕事が立て込んでいて、忙しい時に限って

急な発熱したり、いきなり吐いたり、しますよね~(;´Д`)

専業のデメリット

  • 家事育児の大変さを理解されない

共働きの方より分担の提案がしにくかったり

子供がいるとうまく家事がやれないことも多いですが

周りの方に大変さが理解されにくいです。

「だって専業主婦でしょ~~~??!!」って言われたりします。

専業主婦だから、幼稚園の役員を引き受けたり、

小学校のボランティアを進んでやったり、

しているんですけれどもね・・・

その辺は評価してもらえないのがツライところ。

  • 社会から離されていく気持ちになる

積極的に地域の行事などに参加している方やお友達が多い方は

あまり感じないかもしれませんが

世の中から距離を置かれている気分になります。

特に子供が小さいときは大人と会話をするのが、旦那さんだけという場合が多いので

ストレスが溜まりますし、人によってはうつ状態になってしまう人もいます。

まとめ

人それぞれ得意不得意があります。

自分がどちらに向いているのか、相手とどのように協力していくか

しっかり考え話し合い、ベストな形を見つけてくださいね。

スポンサーリンク