【仕事復帰間近!】共働きがうまくいく秘訣!うまくいかない理由とは?

スポンサーリンク

子育てをしながら共働きをすることによるメリットはどんなもの?

子育てをしながら働くメリットって何があるのと聞かれた場合、すぐに答えることが出来ますか?

ぱっと見では子育てをしながら共働きをすることは、デメリットの方が大きくてメリットがほとんどないと思われがちです。

ですがデメリットよりもメリットの方が、大きいということも事実なのです。

そこで今回は子育てをしながら共働きをすることによるメリットとはどのようなものがあるのかについて考えてみたいと思います。

共働きがうまくいかないのはなんで?

子育てしながら共働きをすることによるメリットといえば、どのようなものがあるのでしょうか?

共働き夫婦は対等じゃない?妻もストレス解消をすることが出来る

子育てをしながら共働きをする一番のメリットといえば、子供と離れられるというところです。

それがママのストレス解消にもつながります^^

「仕事をすることでストレス解消になるの?」と考えがちですが、

専業主婦であれば1日中家にいることが多く、常にワンオペで、こどもの面倒を見ることになります。

子供の面倒を一日中みていると意外にストレスが溜まってしまうのです。

子供の嫌な面も、ついでに自分の嫌な面も、よく見えてしまいます(笑)

ですが共働きであれば、母親もべったりわが子と一日中一緒、ということがなくなります。

夫と妻、どちらかが休みの日には、子供の面倒を見る。両方が仕事の日には託児所などに預けて仕事をすることによって、適度にストレスを解消することが出来るのです。

夫婦のお互いが、ストレスを解消することによって、生活がしやすくもなり、夫にも育児の大変さが分かりますので、共働きしてみることはおススメできます。

収入が維持できる

共働きの最大のメリットは、収入を維持することが出来るということです。

子供が生まれる前には2人分の収入があったのに、1人が育休などで休んでしまうと、収入が約半分に、出産で妻が仕事をやめてしまうと、世帯収入が激減してしまいますよね。

収入が減ってしまうということは、現在の生活が少し苦しくなってしまうだけではなく、将来的にみてみると、子供の教育資金の貯蓄などにも影響を及ぼしてしまうことになりかねません。

収入の先細りを防ぐためにも、共働きをすることには、メリットがあります。

共働きがうまくいく秘訣はこんなこと!

では、子育てをしながら仕事を両立するコツというのはあるの?

子供が生まれる前には、バリバリ仕事をしながら子育てをしようと考えていても、いざ子供が生まれてみると、なかなか思ったようにいかないもの。

仕事の時間を減らしてみる

子育てと仕事を両立するコツのなかで、一番実践しやすいものといえば、仕事をする時間を減らす。

時短で働くということです。

正社員として働いていた会社で、短時間労働をすることが可能であれば、一度上司と相談してみるのもいいと思います。

実際問題として、両親が残業ばかりの生活だったら、子供の生活リズムがくるってしまうことにもなりかねませんよね。

短時間労働をすることが難しいのであれば、正社員からパートなどに働き方を変えて働いてみる、ということも一つの手です。

遠慮せず、会社に働きかけることはとても大切です。

自分のことは自分でやれ!旦那!と、家族に協力してもらう

まず第一に、だんなが自分のことは自分でやるのが大前提!

「俺のくつしたどこ~?」なんて、かわいくもない長男になるのはやめましょう!!

大迷惑です!

妻にとって、一番迷惑な、「一番面倒な子ども扱い」に旦那がなるのはやめましょう!

共働きをするときに子供を、実家の両親、義両親に預けるということも一つの手です。

祖父母であれば子供の面倒を1度見ていますので、孫を見てくれる可能性が高いです。

最近では、孫の習い事に送迎をしている、じいじ、ばあばの姿もよく見かけます。

ですが、両親に子供の面倒を見てもらうためには、両親との家から近くに住んでいないと、面倒を見てもらいにくいという面もあります。

また、子供の世話のなにもかもを、両親に押し付けると、

「高齢のため疲れた、孫についていけない」

と、断られてしまう可能性もありますので、注意しましょう(;^ω^)

子育てをしながら働きやすい仕事とはいったいどんなものがあるの?

それでは、子育てをしながら働きやすい仕事とは、どのようなものがあるのでしょうか?

事務員

事務員であれば正社員として働いていても、定時になれば帰りやすいので、予定を立てやすい仕事になります。

とはいえ、9時から17時まで、など、8時間拘束がほとんどですので、お子さんが小さい時には、臨機応変に対応してくれる職場は少ないかもしれません。

スーパーなどのパートや、倉庫の品出しなど。

スーパーなどのパートであれば、家から近くの場所で働くことが出来ますね。

家から近いということは何かがあった場合にも、すぐに家に帰ることが出来ます。

通勤時間がもったいないですから(笑)

子供が学校から帰ってくる時間まで、など、シフト制で働けるのも魅力ですね♬

また時間になればスーパーで買い物をして、すぐに帰ることが出来ますのでメリットが大きいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は子育てをしながら共働きをすることによる、メリットについてお伝えしました。

子育てをしながら働くことはメリットもありますが、デメリットもありますので、家庭の状況を考えながら、どういった働き方が良いのかしっかりと確認してください。

スポンサーリンク