低身長の新婦のウェディングドレスの選び方 ヒールやベールはどうする?

スポンサーリンク

一生で一番想い出に残る日がやっぱり「結婚式」。

なかでもウェディングドレスは特別ですよね。

雑誌やテレビなどで見てもうっとりしてしまうウェディングドレス姿。

でも実際は…

背が低いけど似合うドレスは?

高いヒールは苦手だけど平気?

なんて疑問や不安がたくさん!

前職はドレスアドバイザーとして働いていた私も、自身の結婚式の時はドレス選びに大苦戦。

153センチとそこまで背が高くない私。

その上ヒールは普段全く履きません。

そんな私が自身の体験とドレスアドバイザーとしての経験を踏まえて、低身長の新婦さんのドレス選びのお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

ウェディングドレスに15センチヒール、大丈夫?

低身長 ウェディングドレス ヒール

オーダーメイドのウェディングドレスはさておき、一般的にレンタルでのウェディングドレスは、だいたい身長170センチの新婦さんでも着られるようにデザインされています。

そのため、新郎さんとの身長のバランスもありますが、例えば150センチ前半の新婦さんの多くは15センチヒールを勧められます。

慣れないヒールに慣れないドレスで大丈夫?

と心配になりますよね。

でも、新婦さんがひとりで歩くことは結婚式のときはあまりありません。

となりには新郎さんがいるし、介添のスタッフも付いています。

そのため、しっかり支えてもらうことができるので安心です。

また、ウェディングシューズのヒールは太くてしっかりしています。

私は12センチヒールにしたのですが、ドレスの裾が巻き込まれてしまい、逆に歩きづらくて大変でした。

でも、隣には新郎がいるし、スタッフのかたもいたためにひとりで歩く機会は全くありませんでした。

しっかり足に合うように、衣裳スタッフには遠慮なく靴のサイズは伝えることがポイント。

中敷きやガーゼ、バンドなどで調整してくれますよ。

スポンサーリンク

背が低い新婦さんに合うベールは?

ショートベールからロングベールまで、ベールの長さの種類も実に豊富です。

背が低いから、ロングベールは似合わないのかな?

と心配の新婦さんも意外と多いもの。

でも、ベールの心配は無用!

ヒールで身長は調節できるので、ベールは身長とほぼ関係ないと言っても過言ではありません。

むしろ、ドレスのデザインによってベールを選ぶことが重要です。

例えば、シンプルなデザインのドレスにするなら、ロングベールを合わせると、バージンロードに映えてとても綺麗です。

逆に、裾が長いデザインや、バックスタイルにポイントのあるデザインのドレスを選んだ場合は、ロングベールだと隠れてしまいます。

その時はショートベールを選ぶといいですね。

ドレスの色とベールの色は統一するのが基本。

試着のときは、必ずベールもつけてもらって確認しましょう。

スポンサーリンク

マーメイドドレスは身長が低いと似合わない?

低身長 ウェディングドレス ベール

身体にぴったりフィットするマーメイドドレスは、他の新婦さんと差をつけられるので、おしゃれな新婦さんはチェックを入れているかたが多いです。

どんな体型の人にでも似合うふんわりしたデザインのプリンセスライン、Aラインのドレスと違い、マーメイドドレスはなかなか着るには勇気がいるところ。

でも、マーメイドドレスが似合うかどうかは、身長はあまり関係ありません。

ベールと同じように、身長はシューズでカバーできます。

むしろ、重要なことは華奢すぎない体型であること!

えっ!ドレスはやっぱりスレンダーのほうが似合うのに?

と思うかたと多いと思いますが、マーメイドドレスはちょっと特別。

ぴったり身体にフィットするため、バストからヒップラインまでしっかりと密着します。

そのために、華奢すぎるとちょっと貧相に見えてしまうことがマーメイドドレスの難点…。

でも、一般的なマーメイドドレスより、腰の高い位置からフリルのデザインになっている「ソフトマーメイド」ドレスもあるので、そちらだと気軽に挑戦しやすいです。

マーメイドドレスを試着するときも、当日履く予定と同じ高さのヒールで試着してみてくださいね。

まとめ

ちなみに大苦戦した私のウェディングドレスは、Aラインのデザインにしました。

シンプルなのでどんな体型や髪型にも合うので、もちろん低身長のかたにもおすすめです。

ふんわり程よく広がるスカートで華やかに。

なおかつ大人っぽく仕上げてくれます。

そして裾が長いデザインだったので、ショートベールに。

「バージンロードで綺麗だった!」と好評でしたよ。

このドレスが着たい!

と思っていても、意外と別のドレスがしっくりきた!なんてよくあること。

試着するだけなら無料です。

これはどうかな…?

と思うドレスに出会っても、まずは試着してみること。

そして全身とアップの写真を撮って比べてみることがポイントになります。

私もウェディングドレスはなかなか決まらずに、11着試着をしました。

大変でしたが、最初に見たドレスとは一転、試着をすると全く別のドレスがしっくりきて、満足のいく1着になったのです。

もちろん、シューズのサイズも当日までしっかり合わせてもらい、脱げないよう調節してもらいました。

ヒールが心配なかたも、スタッフが歩き方を教えてくれます。

ベールもドレスに合った色や長さを提案してくれるので、ぜひ気軽に聞いてみましょう。

これから結婚式を迎える新婦さんが、ステキな1日にふさわしい1着と巡り会えますように…。

スポンサーリンク