七夕の短冊に書く願い事、保育園の1歳児だったら親はどう書く?

スポンサーリンク

保育園の夏の一大イベントの一つ七夕!

七夕といえば、『織姫と彦星が1年に1度天の川で会える日』とされていますよね。

子どもたちの願い事を短冊に書いて笹に飾るのが、保育園の恒例行事となっているところも多いです。

そもそもなぜ短冊を飾るのかというと…
伸びるスピードが早い竹に飾ることによって、神様がきた時に目印になり、その短冊を見て願い事を叶えてくれると言われているからです。

保育園の担任の先生から、

『願い事書いてきてくださいね〜』

なんて短冊を渡され困っている1歳児ママ、いませんか~?

1歳といっても字も書けないし、少ししか喋れないし・・・

どんな願い事を書けばいいの!?と困っているそんなママ向け!

自分の子どもがこんなこと願ってくれるといいな〜なんて、ほっこりするような願い事をいくつかご紹介していきますね!

スポンサーリンク

七夕の短冊に書く願い事を保育園から頼まれた!親はどう書けばいい?

七夕 短冊 願い事 保育園 親

 自分の子どもとはいえまだ1歳、多少の意思疎通ができても、ママだってどんなことを願っているのか分かりませんよね。

そんな時は、親目線で子どもに対する願い事を短冊に書くといいですよ!

 例えば・・・

・〇〇が健康でスクスク育ちますように

・お友達がたくさん出来ますように

・元気で心の優しい子になってね

・上手にお喋りができますように

・毎日元気で過ごせますように

・笑顔で毎日過ごせますように

・好き嫌いがありませんように

・大きな病気、怪我なく日々を過ごせますように

・お箸が上手に持てますように

子どもに対する願い事って考えるとキリがないですね。

何よりも愛する我が子の成長と健康が一番です!

スポンサーリンク

七夕の願い事 保育園に通う1歳のわが子の分を、子供目線で短冊に願い事を書く!

七夕 短冊 願い事 保育園 1歳

自分の子どもだったらこんなこと考えてるんだろうなぁ~

とか、子ども目線になって願い事を想像するのも意外と楽しいです。

 例えば・・・

・ママとパパといっぱい遊びたい!

・美味しいご飯をいっぱい食べたい!

・いっぱいかけっこしたい

・お喋りがもっと上手になりたい

・公園の滑り台が滑れるようになりたい

・わんわん、にゃーにゃーともっと仲良くなりたい

・くまさんといっぱいぎゅーしたい

・おかしいっぱい食べたい!

・〇〇に行きたい!

わんわん、にゃーにゃーなど繰り返し言葉をそのまま短冊に書いてもOKです!

1歳は少しずつ言葉を理解している時期でもあるので、

上手にママやパパが言葉を引き出しつつ短冊に書くと、より子どもらしさが出て良いですね!

スポンサーリンク

ちょっと面白い七夕の子どもの短冊の願い事〜番外編〜

七夕の由来

番外編として、面白くちょっと変わったユニークな短冊を紹介します。

「おかわりください」

 とある保育士さんの体験談なのですが、どうやら保育園でも食いしん坊の子みたいで

 どの子が書いたのかすぐに分かったそう(笑)

 私の1歳の息子もごはんの食らいつきが凄いので、書いたらすぐバレてしまいそうです。

「似顔絵」を描く

こちらは願い事ではありませんが、我が子の似顔絵を描いた短冊。

長方形の紙いっぱいに描かれた、ニコニコ笑顔の子ども。

言葉は書かなくても、その絵だけで十分に愛情が伝わってきました。

「もっとパパが育児を手伝ってくれますように」

 これは子どもと・・・ママの願いでもありますね!

パパはなかなかお仕事で難しいところもありますが、

もう少し協力してあげられれば、最高のパパになりますね。

 以上、クスッと笑えるけどほっこりするユニークな願い事をご紹介させていただきました。

七夕の願い事を保育園に通う1歳児の分を頼まれたら親はどう書くべき?まとめ

七夕の願い事はその家庭それぞれ!

定番はやっぱり健康のことでしたが、あまり深く考えずに、こう成長してほしいとか【子どもが思っていることを想像して】書けばそれでOKなんです。

わが子が1歳の時、2歳、3歳と成長するにつれ変わっていく願い事。

毎年の成長を見られる一つにもなりますよね。

七夕というイベントをきっかけに、子どもと触れ合う時間、家族で話す時間を楽しむことができればそれだけで十分ですよね♪

七夕の願い事の短冊を渡されたママさん♡

ぜひ家族で楽しい時間を過ごしてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする