バギーやベビーカーを1日レンタルしたい観光客向け 東京で借りることは不可能!

スポンサーリンク

5才の子供を持つ外国人の友達に

「10日間の予定で東京と、フジヤマ観光に行く。東京滞在の3日間、ストローラー(バギー、ベビーカー)を借りたいんだけど、どこで借りられるかな?」

と、聞かれたので懸命に調べたところ、一日単位でのバギーの貸し出しは、ありませんでした!

友人は、海外のバギーは大きいので、東京に持ってくるのは使いにくいと判断したようです。

飛行機や新幹線移動の場合も、観光先で必要な時にベビーカーが借りられたら便利ですよね?

友人になるべく、快適に東京観光を楽しんでもらうべく、都内、新宿、東京あたりのベビーカー事情をまとめました。

スポンサーリンク

ベビーカーを東京で1日レンタルをしたい⇒ない!

「新宿 ベビーカー 貸出」でGoogle検索すると、伊勢丹や、高島屋などがでてきます。

・ベビールームが快適

・おむつ替えスペースが合って安心

・館内でのベビーカー貸し出しがある

なんて情報はどうでもよくて、結局のところ、東京都内でバギーやベビーカーの貸し出ししているところはありません。

つまり、都内で、街に出てつかえるベビーカーの貸し出しは、ありません。

もちろん、主要デパートでの、デパート内での高級ベビーカーの貸し出しはあります。

ですが、こちらの要望としては、

「新宿周辺を、ぶらぶら街を歩くのに、子供が疲れちゃうし、荷物ものせたいための、貸出ベビーカー」がほしい。

「できれば、新宿のレンタルしてくれる店舗に借りに行って、一日1000円くらい。レンタカーのように利用したい」のが、希望ですが、

でも、ない!

最近はやりのレンタサイクルみたいに、駅前でベビーカーかしてくれればいいのに!と、思いますね。

ホテルによっては、数台ベビーカーの貸し出しをしている場合もあるので、そこは要チェック!

ベビーカーの貸し出しをしているホテルを選ぶ、のもいい作戦です。

で、どうするかというと

スポンサーリンク

ベビザラスや楽天で安いバギーを購入する

今回の場合は、以下の2点の方法を検討しました。

①空港から宿泊先に移動する途中などに、まず最初にベビザラスに行ってベビーカーを買う

②楽天やアマゾンで旅行前にストローラーを注文しておき、宿泊するホテルに配達しておく

空港から宿泊先に移動する途中などに、まず最初にベビザラスに行ってベビーカーを買う

ベビザラスには限定のこんな商品があります。

他にもディズニーコラボ商品もあるので、買い物を楽しめる家族であれば、ベビザラスやトイザらス、西松屋で買い物するのもいいですね。

実際に子供を乗らせてみて、サイズ感などを確かめられるのが、実店舗の買い物のいいところですね♪

観光客の方が寄れるような場所にある東京都内のベビザラスは、池袋店とお台場店です。

今回、私の友人は新宿、渋谷、浅草を観光の拠点にしているので、実店舗で購入は不可能だと判断しました。

楽天やアマゾンで旅行前にストローラーを注文しておき、宿泊するホテルに配達しておく

送料無料の商品を選んで、宿泊先にホテルに、滞在前日までに届くようにしておくのが一番合理的と判断しました。

予算:5000円くらい

使い方:本格的に寝るのではなくて、子供の移動用

選ぶ基準:①荷物入れがある②地面から座面が高い(夏場のコンクリートの照り返しが暑いため)

こんなカラフルでお安いものがありました。

1日1000円払うのであれば、使い捨てのつもりで購入して日本旅行している間、使い倒すのがオススメです^^

↑お値段と、機能性を考えて私が友達にオススメしたのはこちらのバギー2点です。↓

カラフルなのがいいのなら、上のネビオがオススメですし、下のヤトミのベビーカーは折りたたんだ時に、車輪部分が下に来るのがいいんです!

車輪部分、上に持ち上がってると、折りたたんで階段を担ぐときとか、車輪部分が肩とか顔にくっつきそうで、私はあまり好きじゃないんです。

荷物入れがあるのはポイント高いです。

こちらのようなベビーカー本体の重さが軽量な場合は、取っ手にたくさん荷物をかけると、ベビーカーがひっくり返ってしまって大変危険ですよね。

水筒とか、ジュースとか重いものは下の荷物スペースに入れるようにしましょう!

スポンサーリンク

そもそも5歳だとベビーカーは重量オーバーになっている

今回、私が気になったのが、「5才の子供のためのバギー」ということ。

上で紹介したような、軽量バギーは15kgまでが最大で、5歳で15キロ以下ということはないだろうから、完全に重量オーバー。

日本では、

・5歳でベビーカーはちょっと恥ずかしい

・歩かせる

って意見が多いですけれども、友人は、

「観光でたくさん歩くし、子供が疲れたら可愛そう。親が楽しむためにもバギーは必要」

と、言っていました。

ごもっともだし、いいと思う。

しかし、5歳の子供を安全に移動させたいとなると、ベビーカーの上位機種が必要になり、レンタルをあらかじめ手配しても2000円/1日はかかる。

子供の移動中の快適さを求めてちょっと高級なベビーカーをレンタル手配するか、ちょっと休憩とお昼寝させるための安いバギーを求めるか、悩ましいところ

まとめ

今回、海外の友人の日本訪問によって、思わぬ東京の不便さが見えてしまいました。

5歳と言っても小柄な女の子だったため、私は、あらかじめショッピングサイトでリーズナブルなバギーを購入することをオススメしました。

友人が日常、使っているベビーカーは、フルフラットになる、とっても快適に過ごせる高級バギーのようなので、安いバギーに子供を乗せることを悩んでいましたが

・東京は通路が特に狭いこと

・電車やバスなどの公共施設で誰も手伝ってくれないこと

・階段しかないこともあること

を、説明したら、購入をすることに決めました。

とはいえ、もっと観光客を招くために、東京都内では、ベビーカーの貸し出しがあったほうがいいと思うし、ベビーカーを使っている人にもっと優しい社会になればいいのにな。。。

って、調べれば調べるほどに思いました。

スポンサーリンク

関連コンテンツ 本文下



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする