義母への母の日や誕生日プレゼントやめたい!円満にやめるコツを経験者が伝授!

スポンサーリンク

母の日や父の日、敬老の日や誕生日など…義母に送るのを「今回こそはやめてしまいたい!」とモヤモヤ毎年悩んでいませんか?

じつは、この記事で紹介するやり方を実行すると、波風立たせずに、面倒な義母へのプレゼントをやめることができるようになっています。

なぜなら、私も十数年間、やめたいと思っていたプレゼント購入が実際に平和にやめられたからです。

この記事では、母の日プレゼントがなぜ面倒なのか、どうやってやめたらいいのかの具体的や方法をご紹介します。

記事を読み終えると、今年からスムーズに義母へのプレゼントをあげるのをやめることができます。

スポンサーリンク

本当に面倒!義母に誕生日プレゼントあげるのをやめたい理由

 義母 誕生日プレゼント あげない

義母へのプレゼント、毎年その時期になると気が重くなってしまう、そんな方たくさんいますよね。

・経済的な理由

・プレゼントを贈っても反応が薄い

・贈って当然という態度でお礼もない

・そもそも義母と不仲

やめたいと思っている理由はいろいろです。

でも、皆さんに共通しているのが、プレゼントを贈るという事を苦痛に思っているという点です。

ただでさえ気を遣う関係なのに、母の日、父の日、誕生日…などなど。

プレゼントを贈る機会は年に数回。

その度に何を贈ろうかどんどん気が重くなってしまう。

「そこまでして贈らないといけないの!?」

私はそこまでして無理に贈る必要はないと思います。

「えっ、でも急にやめるなんて…」

「ダメな嫁と思われてしまったら…」

いろいろな不安が出て迷ってしまうのは当然です。

ただ、本来贈り物というのは、感謝やお祝いの心からあげるものです。

それを苦痛に感じながらまで贈る必要はないです!

スポンサーリンク

義母に誕生日プレゼントをあげないという決断をするとき

母の日 義母 誕生日プレゼント やめたい

義母へのプレゼントをやめる前にするべき大事なポイントがあります。

義母へのプレゼントの何が負担か考える

自分が義母へプレゼントを贈ることの、何を負担に思っているのか、具体的な理由をはっきりさせておくことが大事です。

例えば、好みもよくわからない義母へ、毎回何をプレゼントすればいいのか悩むのがめんどくさいとことだったら…

やめるのも一つの方法ですが、まずは夫に相談して夫を巻き込むことで、一人でプレゼントを選ぶ苦痛から解放されるかもしれませんよね。

それならプレゼントをやめる必要はないのですから、自分は何を負担に思っているのかをはっきりさせることが一番です。

義理のお義母さんへのプレゼントについては必ず夫に相談すること

自分から見ると義母ですが、夫からすると大事な自分の母親です。

まずは、夫に義母へのプレゼントを「やめたい」「負担に思っている」と相談することが大事です。

ここでは絶対に、「やめる!」ではなく、「やめたいと思っている」という感じで相談しましょう。

誰だって「自分の親へのプレゼントを勝手にやめる!」

と決めて話をされては、「自分の親が軽く見られてる!ないがしろにされてる!」と、無駄に反発されてしまう可能性があります。

必ず相談という感じで穏やかに話をし、夫を味方につけましょう。

義母に母の日や誕生日のプレゼントをやめたいと伝える時は、夫を主体に!

夫にも相談し、プレゼントをやめると決めたけど義母に伝える必要はあるの?

いいえ、無理に伝える必要はないです!

もし、義母から催促の連絡が来た場合は「夫と相談して…」「夫と決めたこと…」と、あくまで「夫と」を強調して伝えるようにしましょう。

義母も嫁から一方的にやめるとだけ言われては、文句も言いたくなってしまうかもしれません。

息子である夫と決めた事と伝えることで、義母も納得しやすくなります。

嫁の決定では腹が立っても、息子が決定したことだったら黙って飲み込むのです。

万が一、夫に相談しても、プレゼントをやめることに了承してくれなかった場合、

夫にプレゼントを選ぶことを丸投げしちゃいましょう!

自分の母親へのプレゼントなのですから、人任せにするのではなく、自分で感謝やお祝いの気持ちをこめてプレゼントを選ぶのが本来の形!

嫁である自分が、上手く行ってない関係のお姑さんへのプレゼントを選ぶ、という苦行からは逃げられます。

3000円~5000円くらいのプレゼント代を家計費から支払うことにジワジワ腹は立ちますがね。

ちなみに私は、

「お義母さんへ毎年、誕生日プレゼントや母の日プレゼントを贈ってきたけれど、お義母さん、イマイチ喜んでいる様子が見えないの。」

「毎年プレゼントを選ぶのも、間に合うように手配するのも、子供の行事が入ってきたりしてあわただしくて大変なの。」

「今年から、お義母さんへの誕生日や母の日のプレゼントはやめにしてもいいかな?」

と、1つづつ夫に説明しました。

夫は、初めは「今年から急にやめるっていうのも…変じゃない?」と言ってきたので

「私にとっては、毎年たいして喜ばれもしない義母へのプレゼントを選ぶのも、お金を払うのも苦痛なの。今年からプレゼントを贈りたいなら、自分で全部手配してくれる?自分の親なんだしね」

と、はっきり伝えたら、あっさり引き下がりました。

結局のところ、夫にとっても義母へのプレゼントなんてどうでもいい話なんですよね。

スポンサーリンク

義母への誕生日や母の日プレゼントをやめたい!円満にやめるコツを経験者が伝授!まとめ

父 の 日 母 の 日 面倒

一度贈り始めてしたったプレゼントを、途中でやめるにはきっかけや勇気が必要です。

ですが、これから年に数回あるイベント毎に毎回憂鬱な気持ちになりながら、プレゼントを贈る必要なんてありません。

どうやったら少しでも負担なく、義理の両親と良好な関係を築けるか。

それがプレゼントをやめることなのか、ほかに解決できる方法があるのかあなたにとって一番の方法が見つかるといいですね。

どうしてもやめられない場合は、間違いないプレゼントを送り付けましょう!アナタの親、母の日のプレゼントに喜ばない人?文句ばっかり?今年も母の日に悩んでいる人向け

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 幸せパンダ より:

    分かります、本当に面倒ですよね。
    うちは母の日だけお花を贈っていますが、誕生日はもともとやっていません。
    もともとやる習慣なかったみたいなんで。
    本当に自分の親は各自それぞれが考えればいいんですよね~。