4℃の婚約指輪は恥ずかしい⁈女子会トークの本音とは!生告白‼

スポンサーリンク

多くの女性のあこがれが、プロポーズと共に手渡される婚約指輪!

プロポーズのときに、婚約指輪のふたをパカっと開けられるシチュエーションは、想像しただけできゅんとしちゃいますよね。

婚約指輪は本来、親子にも受け継がれる永遠のジュエリーです。

そんなあこがれの婚約指輪ですが、女子会トークでこんな話題が…。

「4°Cの婚約指輪って恥ずかしくない?」

と、きっぱり言い放ったハイブランド好きの友人。

んん!?れっきとしたブライダルラインのデザインも揃っている4°C。

なぜそのような話題が出るのでしょうか。

スポンサーリンク

なぜ4℃の婚約指輪は恥ずかしいの?

話題に出した友人の言い分を聞くと、

「せっかくの婚約指輪だから、もっとハイブランドがいい」と。

なるほど、たしかに「婚約指輪は給料3ヶ月分」なんて聞いたこともあるもの。

ハイブランドになると、もちろんお値段もぐんと高くなるのでしょう。

しかし4℃の婚約指輪は、30万円以内で手に入るものも多く、比較的婚約指輪のなかではリーズナブル。

値段が上がれば上がるほど、もちろん質のいいダイヤモンドで大きさも大きいのかもしれません。

でも、4℃の婚約指輪もしっかりと品質が認められているダイヤモンドです。

一生モノとはいえ、30万円ものジュエリーを購入する機会は、なかなか男性にはありません。

しかも、婚約指輪は基本的に毎日身につけるものではありません。

かつては「給料3ヶ月分」と言われていた婚約指輪。

現在のカップルはどうなのでしょうか?

スポンサーリンク

気になるイマドキカップルの婚約指輪は?

実は、「給料3ヶ月分」もの高額な婚約指輪を選ぶカップルは今や少数派。

大多数は20万~30万円。

次に多いのは、10万円以下の婚約指輪を選ぶカップルが多いというデータが出ています。

それでも十分高額な相場ですよね。

入籍をすれば婚約指輪の代わりに結婚指輪を身につけます。

婚約指輪はお出かけ時や結婚式に参列するときなど、特別な日にしかつけない人が多くなります。

そのため、婚約指輪にお金をかけるより、新居や家具、家電にお金をかけたり、結婚式や新婚旅行にお金をかけたいというカップルも多いのです。

カタチだけでも婚約指輪を渡したい!渡されたい!

というカップルは、リーズナブルな婚約指輪を選ぶ傾向にあります。

時代の影響ももちろんあると思いますが、家具や家電などの日常的に使用するものにお金をかけたいというカップルが、増えつつあるのが現状。

また、婚約指輪はなしで、その分ずっと身につける結婚指輪にお金をかけたというカップルもいました。

それもいい選択ですよね。

スポンサーリンク

実際は4℃の婚約指輪はどうなの?

なにを隠そう、私の婚約指輪は4℃です!

正直な感想をお伝えしましょう。

「全く恥ずかしくなんてないですよー!」

実は4℃は婚約指輪、結婚指輪のデザインのラインナップがかなり豊富。

私はブランドにほとんど興味がなかったので、

「一生身につけるし気に入ったデザインがいい」と、ほとんどデザイン重視で選んだのです

そんななかでいろいろなブランドを巡り、試着を繰り返し、気に入ったデザインの婚約指輪が4°Cでした。

また、サービスもとても充実。

指輪の裏側の刻印は無料。

ブルーダイヤモンドも裏側に無料で入れてくれます。

サムシングブルーという、「青いものを身につけた花嫁は幸せになれる」と

古くからの言い伝えがあるので、もちろん入れてもらいました。

また、私は産前産後と指輪のサイズがかなり変わってしまったのですが、それでも細かく調整してくれました。

私はダイヤモンドの品質のことは詳しくありませんが、しっかり鑑定書付き。

とても満足していますよ。

まとめ

婚約指輪もカップルによって価値観はさまざま。

デザイン重視のカップルもいれば、ブランド重視のカップルもいます。

むしろ婚約指輪より他を重視するカップルもいます。

それに、いくら婚約指輪のなかではリーズナブルとはいえ、決して安くない買い物です。

ドキドキしながら店員さんに婚約指輪を彼は相談したことでしょう。

そのことはしっかり心に留めておきたいですね。

そんなプレゼントを頂いて「恥ずかしい」だと、きっと彼はがっかりしちゃいますよね。

イマドキカップルは、どんな婚約指輪が欲しいか、むしろ婚約指輪は必要かもしっかり話し合うカップルが多いです。

お互いの価値観もしっかり話し合えるのでいいですよね。

私も婚約指輪のデザインだけはしっかりと伝えました。

お陰で満足のいく婚約指輪です。

もし婚約指輪にもこだわりがあるかたは、事前に彼としっかり話し合うことがおすすめ。

ふたりにとって記念に残る、一生モノのステキなジュエリーに出会えますように。

スポンサーリンク