まいにちスクスク もっと上手に仕上げみがき(2) 12月25日

まいにちスクスク もっと上手に仕上げみがき(2)
「短時間できれいにみがこう」が、再放送されますね♪

2018年12月25日(火)

前回見逃してしまった方も、歯ブラシの角度まで詳しく説明してくれていますので、ぜひご覧ください。^^

講師の先生
宮新美智世先生(東京医科歯科大学大学院 小児歯科学分野 准教授)
子どもが仕上げみがきを嫌がるとき、何か理由があるはずです。
方法を変えると素直に歯をみがかせてくれることもあります。

下記公式サイトより
https://www.sukusuku.com/contents/244978

こちら、素直に磨かせてくれる子には大変有効ですよね!

しかし、歯ブラシを見るだけで逃げ回る!

はみがき…といったそばから、おやつを食べまくるわが子にはぜんぜん効き目がありません。

そこで、今回は、仕上げ磨きを、しよう!をお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

仕上げ磨きはいつまで?何歳までやるの?

すくコム もっと上手に仕上げみがき(2)2018/12/18

小学校の指導では、なんと10歳まで!!

と、プリントに記載がありました。

10歳って!そんなに大きくなるまで、しあげ磨きって必要なんでしょうか?

小学校4年生までですよね。

しかし、実際のところ、虫歯0を守っている子供は、親がしっかり仕上げ磨きをしている場合がほとんどです。

めんどくさ~~~~い!!!

とはいえ、歯医者に連れて行く手間と時間を考えれば、みがきのこしがないか、見てあげたほうが結果的には手間いらずかもしれません。

スポンサーリンク

仕上げ磨きを嫌がらずにやらせるコツ

やるよ~♪なんて、穏やかに言って通じるお子さんの場合には、この先を読む必要がありません。

脱兎のごとく逃げ出す、わが子のような頑固者のママだけお読みください<m(__)m>

仕上げ磨き、パパがする?ママがする?

「自分で選ぶ」という選択肢を子供に与えることで、「はみがきをしない」というとは許されない!

と、無言の圧力をかけます。

それでも逃げるんです~

そうですよね。うちもそうです。

スポンサーリンク

ママが優しく抱っこして歯磨きする?それとも、ギューギューに押さえつけられちゃう?

仕上げ磨き いつまで

さらなる圧力をかけます。

「いまだったら、やさし~~~くだっこして、ニコニコはみがきできるのになぁ~」

いつまでも逃げてると、

「ママの足の間に挟んで、両手両足ガッチリつかんで、ちょっとも動けなくして

ごしごししちゃうかもしれないなぁ~(;´Д`)」

最終的にはとっ捕まえてシュッシュと磨く!

まあ、最終兵器ですね。

どんなに逃げようと、捕まえて、ぎゅうぎゅう押さえつけてやります。

結局のところ、それしかないんですよね。

そりゃもちろん、最初は優しく説明しましたよ。

歯磨きの絵本も何冊も読んだし、虫歯になると痛いよって本も、読んだ。

しまじろうのはみがきお人形も試したし、メルちゃんも歯磨きさせてた。

まとめ

結局のところ、仕上げ磨きは必要で、

もっと上手に仕上げみがき(2) [放送日]2018/12/18[再放送]12月25日

の、ようにやるのが理想ではあるけれど、

何とか仕上げ磨きできることが大事!

という、レベルの低い戦いが今日も繰り広げられているのです。

だって聞き分けないんですもの。

今日も、おかあちゃん、頑張りましょう!^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする