旗当番を免除してほしい!やりたくないし、旗振り当番は廃止にすべき

スポンサーリンク

小学校入学とともに割り振られる旗当番。

PTAが管理している当番ですが、つまりはボランティアで、朝または下校時刻の小学生の通学を見守る当番のことを旗当番と言います。

朝の忙しい時間に旗当番でたとえ30分程度と言えど、外出するのは誰もしたくないですよね。。

旗当番やりたくない!めんどくさいから免除してほしい!について、まとめました。

スポンサーリンク

旗当番やりたくない理由

・旗振り当番の場所にそもそも自分の子供は通らない

・自宅から学校までとても近い

・とにかくめんどくさい

・未就学児、あかちゃんがいて、旗振り当番に立つ時間に子供を預けられる人がいない

・仕事をしているので休みたくない

・旗当番をやるいみがわからない

・やりたい人、暇な人だけがやればよい

まあ、いろいろな問題がありますね。

地域によっては、

・そもそも旗当番がない

・完全にボランティアによって登下校が見守られている

・有料で緑のおばさんを雇っている

など、いろいろな対策をとっているところもあるようです。

幼児を連れて旗当番に立つのは確かに危険です。

交通量も多いところだったりしたら、なおさら、小さい子供が飛び出すのを防ぐのに精いっぱいで、小学生の見守りどころじゃないですよね。

でも、その交通量の多いところを、子供だけで通学させることに関してはどうなんでしょうか?

私の場合は、旗当番は、年に9回くらい回ってきます。

旗当番の場所まで自転車で往復10分、旗をもって通学の子供たちを待ち、安全に道路を渡らせる時間が20分、一回の旗振りにつき30分かかります。

未就園児もいますが、夫に仕事に行くのを遅らせてもらって調整しています。

もちろん、寒い日や、雪の日、雨の日、猛暑の日、旗当番なんか行きたくないです。

でも、きめられたことをやらないのはもっと嫌なので、きちんと当番をこなします。

自分が行かなかったことで、誰かが事故に合ったら、一生後悔するので、行きます。

むしろ、旗当番ごときで

「PTAやめます!」と言ったり、

「うちの子だけ登校班から外します!だから旗当番やりません!」と言ったりする方がエネルギーを使うと思うんですよね。

スポンサーリンク

旗当番を免除してもらうにはどうする?

コチラもいろいろなパターンがありまして。。。

・未就学児がいる家庭は旗振り免除

・妊娠したら旗当番免除

・母子家庭は旗振り免除

未就学児がいる家庭は免除!となっている地域の方々は問題ないと思うのですが、妊娠中や、赤ちゃんがいると、旗当番は厳しい。

免除してほしい気持ちも分かる。

けど、免除する対象を増やしてしまうと、周りの人から不平不満が出る。

しかたないですね。

私のうちの地区では、あらかじめ3か月ほど前に当番表が配られるので計画的に調整できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする