子育てツライ・・・2才男の子の育児はなぜ大変なのか?【経験談アリ】

2歳は自我が芽生えはじめてイヤイヤ期が始まる時期で、世間でも魔の2歳児と言われる大変な時期です。

その中でもママにとって異性である男の子は未知の存在であり、女の子のママとは違う苦労・悩みがありますよね。

男の子のママは何に悩んでどう向き合っていけばいいのか

2才男の子のママ目線で書いていきます!

スポンサーリンク

女の子とは何が違うの?

  • 力が強い

2才になると体つきも男らしくがっちりしてきます。

ムチムチとしていた体が筋肉質になります。

そのため力が強くオムツ替えはプロレスですし

グズってしまったときもママの力では負けてしまいそうになることも多々あります。

走るスピードも速くなるので追いかけるにも一苦労で、

男の子の育児は体力を消耗します。

  • ビビリ

虫が好きな男の子もいますが、我が子は虫が大の苦手です。

虫がいると怖がって動けなくなります。

ビビリというと聞こえが悪いですが、よく言うと甘えん坊です。

ママ好きな男の子は多いのでママとしてはうれしいですね。

保育園でもお迎え時に「ママ~」と言って駆け寄るのは男の子が多いです。

私の保育園の女の子はママが来てもマイペースに絵本を読んでいます(笑)

2才のイヤイヤもこういうところで許しちゃいます♪

  • 病院にお世話になる回数が多い

周りでも女の子より男の子の方が比較的病気になりやすいです。

我が子はありがたいことに病気には強く健康体なのですが

その分ケガが多くよく病院へ駆け込みます・・・。

我が子を見ていると、ビビリで慎重派な反面

大丈夫だとわかると調子に乗って転んで頭をぶつけることが多いです。

スポンサーリンク

2才男の子が好きなこと、好きな遊び

  • 車・電車

車や電車が通るとテンション上がります。

保育園でも取り合いになっているので男の子が好きなもの1位と言っても過言ではありません!

ただ好きは好きでも外観を見るのが好きな子、運転するのが好きな子様々います。

我が子は横から見るのが好きでよく寝転がって車を見ています(^^)

電車も乗るより走っているのを外から見るほうが好きですね。

車の中でも特に救急車やトラック、バスが好きです。

ここも好みが分かれますね!

  • ボール

投げたり蹴ったりボール遊びが好きな子もいます。

我が子は投げる派です(笑)

ボールプールも好きで見つけたら必ずダイブしていきます。

  • とにかく走る

とにかく歩いたり走ったり我が子は大好きです。

よく部屋の中でも走り回るので壁に激突したり

ケガする要因は1番ここにありますね。

外でも走り回るので買い物1つするにも疲れ果てます・・・

これに加えてイヤイヤ期が重なり我が家では大人が2人いないと買い物できない状態です。

スポンサーリンク

これに共感できない男の子ママもいる

走り回ったり暴れたり活発な我が子タイプの男の子をお持ちのママには

共感していただけると思うのですが・・・

男の子でも大人しい男の子もいる訳ですよね!

私の弟がまさにそうなのですが、私の母は弟が大人しくて病院とも無縁だったと言っていました。

だから孫(私の息子)の行動が理解できないそうです。

これとは逆に女の子のママでもこれに共感できるママもいると思います。

知り合いの女の子は男の子より活発で男の子のママの話に共感していました。

暴れまわって親の制御が聞かない子供を持つ親は出かけても

周りから冷ややかな目で見られるしツラいですよね。

でも男の子のママでも共感してくれない場合もあるし

女の子のママでも共感してくれる人もいる!ということです!

でもママには越えられない壁がある

性格は子供の個性で男の子だから絶対こうとは言えないとお話ししました。

ただ体のつくりは男と女では違います。

我が子といえども異性・・・勉強したりネットで調べたりできますが

体のことについては男の人以上にはわかってあげられません。

なので、ここぞとばかりにパパを頼りましょう!

小さな異変にも同性であるパパなら気付けるかもしれません!

もしパパがいなくて判断に迷ったら病院に連れて行って相談するのもアリです。

私も、わからなかったので病院に連れていき「何でもないですよ!」と言われて安心しました。

何にもないことが1番ですが、何かあって後悔してからでは遅いので

恥ずかしいとか迷惑とか思わずに連れて行ってくださいね!

スポンサーリンク

まとめ

妊娠中から男の子とわかると「男の子は大変だよ~」などと

よく声をかけられていました。

赤ちゃんの頃は男の子も女の子も特に性差を感じることは少なかったですが

2才にもなると好きになる遊びも体格なども徐々に差が見え始めてきます。

確かに大変さはありますがその分男の子ならではの可愛さもあります。

もし今子育てがツラくてこれを読んでいるなら

一度子供と離れてみることをオススメします。

子供のことがかわいくないと思う日もあると思いますが

そういう時は心も体も疲れているときです。

パパや祖父母、一時保育を利用して1人になる時間を作ってください。

赤ちゃんのときは授乳時間を考えなければいけませんが

2才になると預けやすくなります!

最初こそ泣きますが意外と子供はその場に順応しますよ!

未知の存在、男の子の育児を無理せず楽しみましょう!

スポンサーリンク