赤ちゃんが泣き止まない。母親なのに・・・と家族から言われた

腹を痛めて産んだわが子が、自分の抱っこで泣き止まない!

スポンサーリンク

母乳が出ないと母親失格なの?!

私は、産後母乳の出も悪くミルクと混合であげていました

娘は乳首を吸うのが下手だった産後入院中の間も助産院さんが娘の頭を持ち私が体を抱っこした状態で母乳をあげる練習をしていましたが娘はうまく吸うことが出来ないまま退院する事に

退院する助産院さんに練習を重ねればうまく飲めるようになるから教えていただき毎日毎日娘と頑張って練習をしていたのですが娘が寝ている間に搾乳したり哺乳瓶の片付け洗濯物などを片付けをしている間にまた次の授乳時間

繰り返してる内に母乳が全く出なくなりました

スポンサーリンク

夫に言われた決定的な一言

思えば睡眠が取れていなかったのが原因だったかな反省しています

母乳も出ないことでミルクをあげる回数が増えていきました

娘は哺乳瓶の乳首もうまく吸う事が出来なくていろんなメーカーを試しやっと娘と相性の合う哺乳瓶にたどり着き私は安堵な気持ちでミルクをあげていた夫が母親の自覚ある聞いてきたのです

その時の私は何が言いたいのか分からず素直に「もちろんあると思うよ」と答えました

娘がミルクを飲み終わり私もそろそろ眠ろうとした時に夫に言われた言葉の意味が分かりました

夫は母乳の出ない私の事を母親としての自覚がないから母乳が出ない考えていたみたいでした

この事に気づいた瞬間涙が出てきて止まりませんでした

スポンサーリンク

ミルクは人前で上げちゃいけないの?!

それからは外出先でもミルクをあげる時は人に見られない様に隠れてあげていました

授乳室でもミルクの場合はおむつ交換台がある場所でもあげられるのですが周りの目が気になり個室の授乳室を利用したり授乳室がない所ではトイレの中であげていました

娘が生後半年を過ぎた頃からは混合やミルクをあげるお母さんの姿も増えてきたので隠れずにあげられるようになりました

堂々とミルクを飲ませる事が出来少し安心な気持ちもありましたがもう一つ悩みがありました

ママの抱っこで泣き止まない娘

それは娘が私の抱っこでは泣き止まないという事でした

それは産まれてすぐに気づきました

産後退院するまでの一度も私の抱っこでは泣き止んでくれず何度もナースコールを押し看護師さんを呼んでいました

娘は看護師さんの抱っこではすぐに泣き止んでいました

私は看護師さんに抱っこのやり方を教えていただき試したのですが全く効果がありませんでした

なんでお母さんが抱っこしてるのに泣き止んでくれないの心の中で叫び毎日病室で泣いていました

私のいた病院は実母と夫以外は病室に入る事が出来きませんでした

忙しくほとんど顔を出してもらえなかった母と仕事が終わるのが遅い夫は1時間いればいい方で誰にも相談する事が出来ず退院後の1ヶ月は里帰りの予定だったので早く退院したい家に帰ればきっと大丈夫自分に言い聞かせていました

スポンサーリンク

泣き止ませられないまま、退院

退院した日は本当に嬉しく安堵な気持ちで過ごしていました

そんな娘がお腹がすいたみたいで、泣き出しました

家族はお母さんが抱っこしたらすぐ泣き止むよーと言い娘を私の所に連れてきました

私も今ならきっと大丈夫娘を抱きました

しかし娘は入院中と変わらず泣き止まず顔が黒くなるまで泣き続けました

娘の顔色を見て母がこんなに泣く赤ちゃんは見たことない!」言いました

私はその言葉を聞いてえっぉなの赤ちゃんってこんなんじゃないんだどうして娘は違うの思いました

自身他の赤ちゃんとの関わりがほとんどなかったので娘の泣き方が普通じゃないと言われた時は頭が真っ白になってしまいました・・・

私がおどおどしていると今度は父が母親が抱っこして泣き止まないなんておかしいなー呟きました

悪気があっていったわけではなくとっさに出た言葉だったと思います

退院したその私は1人娘を抱きながら声を出さずに泣きました

ごめんこんなお母さんでごめんね心で呟きながら

便利グッズを使って乗り越える!

1番辛いのは何も言えない娘なのに

この子の為に私は何が出来るのこの子を泣き止まず事が出来るなら何でもする

と、知り合いなどに泣き止ませ方などを聞きスイングやバウンサーを購入し家にいる間は何とか泣き止まず事が出来るようになりましたが外に出ると泣き止ます事が出来ないので外出するのも怖く定期検診以外では外出を避けていました

助産師さんに合って相談した

そんなある以前母子手帳にある無料で助産師さんと会う事が出来る申し込みをして助産師さんと会う日がやってきました

抱っこしても泣き止まない事を相談した助産医院を紹介してくれました

幸い家からもさほど離れていなかったのですぐに予約の電話をして会いに行きました

娘と2人だけで出かけたのはこの日が始めてで泣いたらどうしょう不安はありましたが助産医院にさえ着けば何とかなる信じ向かいました

車で10分ほどの距離に助産医院はありました一戸建てで自宅兼仕事場のアットホームな感じでした

私の車が着くと中から助産師さんが出迎えてくれて娘を抱っこしてくれました

私は荷物を持ち中へ入りました助産師さんに抱っこのことを相談しました

助産師さんからまず抱っこしてよっか言われはい娘を抱っこしたら娘は泣いてしまいました

すぐに助産師さんが娘を抱っこし何やら確認しているようでしたそして泣いてる娘をまた私に抱っこさせました

そしてお母さん娘さんを抱っこしたまま屈伸運動してみて言われました

私はすかさず屈伸運動をしてみましたすると娘は泣き止んだのですこの時の気持ちは今でも忘れません

やっとこの子の母親になれた感じました

正解はわからないけれど・・・

結局のところ、私の抱き方が気に入らなかったようなのです。科学的にどうこう分かったわけではないのですが、私の娘は縦揺れが好きだったみたいです。

この子を泣きますまでに半年もかかってしまい申し訳無い気持ちもありますが精一杯抱っこするからねーと毎日語りかけています

そんな娘ももうすぐ2歳になります今では不安などがあると私に抱っこを要求してきます

なんて愛らしいんだろうとギューしようねーと娘に言い2人で肩をトントンと叩きながらハグをしています

スポンサーリンク